1. HOME
  2. 診療案内
  3. 白内障手術

白内障手術

プレミアム白内障手術
大阪府下初導入となる最新の設備を整えました。最新の機器を使用することで、おひとりおひとりの症例に合わせた白内障手術を可能としました。南大阪アイクリニックの白内障手術では、手術を受けられる皆様それぞれのデータを最適化、手術前検査による情報だけではなく、手術中に屈折情報が得られるため、術後乱視の軽減、最適なレンズ度数の選択が可能となり、手術後の視力向上が期待できます。
白内障手術の流れ
当院では最新の医療設備を導入しております。
安心できる日帰り白内障手術が可能になり、心身に負担がかからず、早期に日常生活へ復帰していただけます。
全ての手術に全力で取りくむ事をお約束いたします。
多焦点眼内レンズも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。
1.手術当日までに
手術当日までに診察をさせていただきます。手術の3日前から抗菌薬の点眼を、前日からは抗菌薬内服を開始していただきます。
1.手術当日までに
FLOW 01
 
2.来院
手術当日は手術1時間前にクリニックの1Fへお越しください。上着のみ手術着にお着換え頂きますので、着脱しやすいよう出来ましたら前開きの上着でお越しください。
2.来院
FLOW 02
 
3.点眼・状態の確認
散瞳薬(瞳を大きく広げる薬)や、抗菌薬を点眼し、準備を始めます。ナースが血圧等を測定し、全身状態が落ち着いているかを確認します。
3.点眼・状態の確認
FLOW 03
 
4.手術の準備
麻酔の目薬をさしてから、手術室に入室していただきます。消毒等執刀する前の準備をさせていただきます。
4.手術の準備
FLOW 04
 
5.手術
消毒のあと手術開始です。手術時間は通常5〜10分程度で終了いたします。
5.手術
FLOW 05
 
6.手術終了
状態の安定が確認出来るまでリカバリールームでお休みいただけます。全身状態の安定を確認し、ナースが術後の注意点などを説明させていただきます。
6.手術終了
FLOW 06
 
術後の注意点
  • 首から下のシャワーは手術翌日より、洗顔・洗髪は手術3日後より可能です。
  • 当日は保護メガネを寝るときもかけていただきます。
  • 食事の制限は特にありません。手術当日の夕食後の抗菌薬内服を忘れずにお飲みください。
  • 手術当日は少しゴロゴロすることがあります。 強い痛み等がありましたら、お気軽にお問合せください

多焦点レンズについて

当院では多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を行っております。通常レンズでは、手術後に“老眼”の状態になります。その欠点を補うように登場したのが多焦点眼内レンズです。遠近両用眼鏡と類似の働きを持つことで、白内障手術によって失われる調節機能を回復させる可能性があります。このレンズを挿入した場合、めがねの必要性が軽減し、術後にめがねが全く不要になる場合もあります。

眼内レンズの種類

通常レンズでの見え方
通常レンズでの見え方
多焦点レンズでの見え方
多焦点レンズでの見え方

当院で扱う眼内レンズの特徴