多焦点レンズ

白内障手術は近年大きな進歩を遂げており、痛みを感じることなく、「安全」に「短時間」でおこなうことができるようになりました。当院は多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障に係るものに限る)」の白内障手術の先進安全医療認定施設に認定されました。

白内障手術は近年大きな進歩を遂げており、痛みを感じることなく、「安全」に「短時間」でおこなうことができるようになりました。当院は多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障に係るものに限る)の白内障手術の先進安全医療認定施設に認定されました。

多焦点レンズのメリット
単焦点眼内レンズは、ピントが合っている所は切れ味良く見えますが、それ以外の距離にはピントが合わないので、手元も遠くもくっきり見えるわけではありません。
手術時に遠くにピントを合わせた場合には、手元を見る場合には近用眼鏡が必要になります。
多焦点眼内レンズは従来の眼内レンズと違い、遠距離と近距離に焦点が合います。
よって遠くの景色にも近くのメモにもピントが合うようになります。

多焦点レンズと単焦点レンズの見え方の違い
多焦点レンズと単焦点レンズの見え方の違い

遠方と近方にピントが合う多焦点眼内レンズは手術後の眼鏡の依存度を低くでき、
仕事や趣味、スポーツなど、活動的な生活を送りたい方に向いているレンズです。
すべての距離が眼鏡なしで見えるわけではありませんが、
遠くと近くが見えることで日常生活は非常に楽になります。

当院で扱う眼内レンズの特徴 当院で扱う眼内レンズの特徴
白内障手術フローチャート
単焦点レンズを選択された方は従来の超音波手術を、
多焦点レンズを選ばれた方は、より正確で低侵襲なレーザー手術を推奨しています。
眼内レンズ・手術方法の選択により、保険診療・自費診療・先進医療に分類されます。
単焦点レンズを選択された方は従来の超音波手術を、
多焦点レンズを選ばれた方は、より正確で低侵襲なレーザー手術を推奨しています。
眼内レンズ・手術方法の選択により、保険診療・自費診療・先進医療に分類されます。

白内障手術フローチャート
白内障手術フローチャート

先進医療について

先進医療とは、保険診療内で行われる治療とは別に、最新かつ高度な技術で、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療行為のことです。
国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用が認められています。
眼科領域においては『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』が認められています。
先進医療にかかる費用は全額自己負担となりますが、手術前後の検査・診察・薬代は保険診療で行われます。
当院は厚生労働省により先進医療実施施設に認定されておりますので、医療保険にご加入され先進医療特約を付与されている方は、給付金が支給される場合がございますので、詳しくは各生命保険会社にお問い合わせください。

厚労省ホームページ → http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html

レーザー白内障手術とは
新しい手術機器を導入し、レーザー白内障手術が可能となりました。
フェムトセカンドレーザーの手術は、白内障手術技術としてここ20年で最も革新的な進歩です。
今後、次第に普及していきますが、まだ日本ではごく限られた施設でしか行われていません。
当院が採用するレーザー白内障手術機器、アルコン社のLenSx(レンズエックス)は
世界で最先端のレーザー白内障手術機器です。
近未来のスタンダードな手術になるであろうと言われているレーザー手術について動画にてご説明いたします。