• 2017.10.14

    眼の三大疾病(加齢黄斑変性症・白内障・緑内障)について講演しました

     

     

    先日熊取町立熊取図書館にて健康講座を開催しました。

     

    加齢黄斑変性症・白内障・緑内障についてお話をいたしましたが、
    皆様真剣な眼差しで聞いていただき、最後には多くの質問を頂戴しました。

     

    中でも皆様の興味が集中していたのが、白内障手術で用いる多焦点眼内レンズについてでした。
    インターネット上には多焦点眼内レンズの情報が多く見られますが、
    古い情報と新しい情報、あるいは誇張された内容が混在しており、
    現在の多焦点レンズの利点・欠点について詳しくお話をさせて頂きました。

     

    利点は眼鏡を使用せずに家事やお買い物などが可能となることですが、
    欠点は運転や裁縫など細かいものを見る必要がある場合には、眼鏡が必要になる場合があること、
    夜間の運転や暗いところでの作業は苦手であることです。

     

    最近ではこれらの欠点を解消しうる新しいレンズも自由診療ですが選択可能ですので、
    白内障手術をお考えの皆様はお気軽に当院にご相談ください。

     

     

    熊取・泉佐野・貝塚・岸和田・泉南地域の皆様で、目のご相談はお気軽に平木眼科にお問い合わせください!