• 2020.01.18

    多焦点眼内レンズを使用した白内障手術に先進医療が使える今考えておくべきこと

    多焦点眼内レンズを使用した白内障手術が2020年3月に先進医療から除外されることにつき、先日記事に載せました。
    その後新聞にも同様の情報が掲載され、「先進医療の使えるうちに手術をしとこう」と考えておられる方がクリニックに多くこられています。

     

     

    本当に今すべきでしょうか?

     

     

    確かに、高額な手術を保険の補償で受けられるというのは大きなメリットだとは思います。
    しかし、眼鏡をかけたら難なく見える眼なのに、お得だからということだけで手術をする必要があるでしょうか?
    以下の項目につき今一度お考え頂くことをおすすめいたします。

     

     

    ① 眼鏡を使っても見えにくいですか?
    ② 眼鏡を使う生活はとても不便ですか?
    ③ 多焦点レンズにおける最大のデメリットであるハロー・グレアについて受け入れられますか?
    ④ 仮に5年待てばもっと良い眼内レンズが出るとしても今手術がしたいですか?
    ⑤ 自費負担とはなりますが、4月以降には恐らく今の5-6割程度の価格で受けられるとしても今しなければなりませんか?

     

     

    今だからこそ冷静に本当に必要であるかをお考え頂く必要があるかと思います。
    手術を受けるからには、やって良かった!と心から喜べる選択をして頂きたいと思います。

    院長 渡邊

  • 2019.12.23

    2019年総括

     

     

    早いもので2019年も残すところ1週間あまりとなり、忘年会を開催しました。
    内輪の話にはなりますが、今年はスタッフが誰も辞めなかったことは、とてもありがたいことでした。
    厳密には2年前から辞めることが決まっていた看護師さんが退職されたということはありますが。。。

     

     

    スタッフ一人ひとりが、ご来院いただく皆様のことを考えるのはもちろんのこと、スタッフ同士気持ちよく働けるよう
    気配りをしてくれている結果だろうと思います。

     

     

    さて、先日アップしたものにものせましたが、来年春には多焦点レンズを使用した白内障手術が先進医療から除外されることが決まり、代わりに選定療養で行われることになりました。
    『友達が先進医療で手術を受けたって聞いたので、先進医療に入ったよ!』という方も結構おられるんじゃないかな?と思います。
    もしかしたら、保険の営業の方に『白内障手術にも使えますよ!』なんて言われて入ったかたもおられると想像されます。
    入った理由がどうあれ、先進医療で行う白内障手術は2020年3月までになります。
    個人的な見解ですが、こんな事が起こりうることを説明され、理解された上で加入された方は少ないんじゃないかと思いますし、入ったときの契約に記載されている手術に関しては医学的に有効であるなら保障されるくらいでも良いように感じます。

     

     

    本年も1年ありがとうございました。

     

     

    院長 渡邊 敬三

  • 2019.12.14

    多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は先進医療から選定療養へ  

    現在までおよそ10年にわたり、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療もしくは自由診療で行われてきました。

    先日の先進医療会議において、2020年4月からは先進医療制度からは外し、保険診療+選定療養として行われることが決定しました。

    選定療養とは、保険のきかない眼内レンズ代については自由診療で行い、手術における技術料は健康保険で行うというものです。現在この制度が用いられている分かりやすい例は差額ベッド代でしょう。入院した際に個室を希望された場合にかかるベッド代のことで、医療とは別に支払う必要があります。

    現在行われている多焦点レンズ手術は医療機関によっても費用に差はありますが、概ね50万円から70万円程度です。この費用は、先進医療特約に加入されている方であれば、保険会社から保障が受けられますが、2020年3月をもって、この制度から外れることになります。
    差額レンズ代については、医療機関によっても異なってくると考えられますが、現在、自由診療で多焦点眼内レンズ手術を予定されている方や、今の費用は高いけど、半額くらいになるなら多焦点レンズを入れたいという方は、来年4月以降を予定されてはいかがでしょうか?

    詳しくはお問い合わせフォームもしくは診療時間内にお電話にてお気軽にご相談下さい。

    院長 渡邊

  • 2019.11.26

    気付けば12月

    なんと久しぶりに記事を投稿しようと開いてみると、
    前回の投稿は「あけましておめでとうございます」でした。
    2019年が明けてからサイトのリニューアル作業に取り組んでいたり、
    【白内障lab】 http://shoyokai.or.jp/lab という白内障情報サイトを作っていたりと、
    現在のサイトの更新を全くおろそかにしてしまいました。
    年明けから取り組んでいるサイトリニューアルですが、2020年春までにはなんとかなりそうですので、
    今しばらくお待ちください。

     

     

    さて、久しぶりに投稿は、当院では7月から使用しております、新しい多焦点(3焦点)眼内レンズ,パンオプティクス(Panoptix)についての話題です。
    7月から白内障手術時にご希望された方に使用し、現在およそ60例になっており、非常に高い満足度となっております。
    パンオプティクスの特徴としては、3箇所にピントが合う、つまり、遠(5M以上)・中(60cm)・近距離(40cm)に焦点が合うレンズであるということです。
    運転やテレビだけでなく、パソコンやスマホ、読書についても眼鏡なしで見えるというものです。
    現在個人輸入等にて使用されているFine Vision(PhysIOL社)やAtLisa(Zeiss社)と同系統のものですが若干見える距離に違いがあり、パンオプティクスはより生活距離に適したレンズです。
    現在までに本邦で発売されている2焦点レンズや焦点距離拡張型レンズ(これらは一般に多焦点レンズと呼ばれることが多い)の利点が遠近ともに視力があい、
    眼鏡の使用頻度が少ないことですが、本を読んだり裁縫をしたりする距離は拡大鏡を使うなどの工夫を要する場合もありますが、
    パンオプティクスはこれら全てが見えるレンズですが、薄暮時の見え方が悪い、ハローグレアといった光源を見たときに不快感を感じるなどいくつかの注意点があります。

     

     

    Lawless Mら1の報告によれば、術後視力は、裸眼の遠方視力、中間距離視力、近方視力は良好で、他の3焦点レンズであるAtLisaやFineVisionとほぼ同等であったとしています。
    またGarcía-Pérez JLら2は、明るい時、薄暮時ともに遠方、中間、近方の裸眼視力は1.0、0.8、1.0であり、2%(58人中2人)が術後の見え方に不満を持っており、
    5%(58人中3人)の患者は手術後に眼鏡を必要としたと報告しています。現在までに発売されている2焦点レンズとの比較においても、Mencucci Rら3は、
    2焦点レンズに比べ3焦点レンズの方が近見視力は有意に良いと報告しています。一方で薄暮時の視力については2焦点レンズと比較すると若干劣るとの報告もあり、
    夜に運転をしたり、出かける頻度が多い方の場合には、日中に比べると少し見えにくいことが気になるかもしれません。

     

     

    南大阪アイクリニックにおいて手術を受けられた皆様の術後視力はGarcía-Pérez JLらの報告とほぼ同等で、年齢を問わず遠方から近方まで非常に良い裸眼視力が獲得でき、
    現在まで眼鏡や拡大鏡が必要という方はおられず、『ゴルフボールがしっかり見える』『散歩が楽しくなった』『景色の綺麗さに感動した』『テレビを買い替えたみたい』など、
    明るいところでの見え方に非常に満足されています。また、『新聞や本も眼鏡なしで読める』『針に糸が通った』など近い距離の作業も難なく出来ておられるます。
    しかしその一方、多焦点レンズの見え方の特徴の一つであるハローといわれる光源の周りに出るボヤけたリング状の光を訴える方が多いことには注意が必要です。
    「手術前に聞いていたから気になりません」
    「運転の時にはちょっと気になります」
    「星空を眺める気分にはならないです」
    など、様々な声を頂きますが、夜間運転時の右左折時、交差点進入時の行き交う車のヘッドライトの周りにリングが出ていることで遠近感がつかみにくいという声が多く、慣れるまでは特に慎重に運転しましょう。
    また、もともと近視があり、20cmほどの距離で本を読む習慣のある方は、手術後少し見えにくさを感じる方もおられるので、手術後には本を読む距離を少し離すなど慣れが必要かもしれません。

     

     

    夜の見え方が気になる方にはパンオプティクスと比較し、夜間の見え方への不満の少ない2焦点レンズもありますが、大きな特徴として年齢によって視力の出方に差があることです。
    遠くは皆さん良く見えますが、40代から60代前半までの方では近くの視力がとても良い傾向にある一方で60代後半以降の方では小さい時を見るときは拡大鏡を使うという方が多くなります。

    以上のことから、お若い方、夜間の外出が多い方は今までの2焦点レンズを、夜は基本的に家にいるし運転もあまりしない、出かけるとしても食事に出かける程度、
    もしも気になるなら夜の運転はなるべく控える、という方は3焦点レンズを選ぶというのも良いでしょう。

     

     

    多焦点レンズ、3焦点レンズだけではなく、従来の単焦点レンズを含めた多くの選択肢がありますので、自分のライフスタイルに合ったレンズがどれなのか?
    手術後にやりたいことはどんなことなのか?
    当院では皆さんの過去・現在・未来に寄り添いご提案いたします。

     

     

    Lawless M et al. Eye Vis (Lond). 2017 Apr 4;4:10.
    García-Pérez JL et al. BMC Ophthalmol. 2017 May 17;17(1):72.
    Mencucci R et al. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2018 Oct;256(10):1913-1922.

     

     

    白内障ラボ http://shoyokai.or.jp/lab

  • 2019.01.04

    明けましておめでとうございます

     

     

    明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い申し上げます。
    本日より診療しております。

1 / 812345...最後 »