• 2018.01.30

    日本眼科手術学会にてセミナー講師としてお話しました

     

     

    先日行われた第41回日本眼科手術学会にてセミナー講師をしてまいりました。

     

     

    当院に採用しているレーザー白内障手術装置LenSx®と術中リアルタイム波面収差解析装置ORAについて、
    当院での手術に関する取り組みを交えてお話させて頂きました。

     

     

    およそ250名の全国の眼科医を前にしてお話するのは、開業して間もない僕にとっては、
    大きなチャレンジでしたが、なんとか想いはお伝えできたのではないかと思います。

     

     

    特に、座長の前京都府立医大教授の木下先生からは、白内障手術後の屈折誤差の検討結果についてご質問を頂き、
    当院の屈折誤差が少ないことに対してのコメントも頂戴しました。

     

     

    手術を受けられる皆様の満足度向上に直接つながる屈折誤差については、
    まだまだ多くの課題が残っておりますので、さらに検討をすすめていこうと考えております。

     

     

    熊取・泉佐野・貝塚・岸和田・泉南地域・和歌山で眼のご相談はお気軽にお問い合わせください。

    院長 渡邊